メインイメージ画像

風俗でバイトしています

同じソープでも料金によって、あるいは店によって客層がまったく違うものです。当然そこで求められる接客もまったく違う。どっちにも対応できる人もいればどちらかにしか対応できない人もいます。したこともないのに、その人がどちらに合っているかなんてわかるはずがないです。ここまで、店によって、地域によって、業種によって料金によって「合う/合わない」があるという話を書きました。

それをしてくれた風俗バイトの子は「高級店は会話が楽しくなかった」と言っていたように、会話が楽しくないとプレイも楽しくなくなってきて、出勤するのが重荷になってくる。客のはいつも同じで、私自身、三つ指突いて客を迎え、どこまでも丁寧な言葉づかいの接客は苦手です。ダチのノリで「松ちゃん」呼ばわりされたほうが気が楽です。私も大衆的な店が合うってことでしょ。それにつけてもやっぱり会話は大事ってことです。

ここだけを取り出すと、「今の店で指名がとれないのは合わないからだ」と即断してしまう人がいそうですが、どうやっても客とうまく会話ができない人がいますからむやみやたらに店を移ったほうがいいとも言えない。会話も才能であり何事も才能のない人はいるものです。こういう人はこのままどこの店に行ってもダメかもしれないですから、同じ店に落ちついて、自分の欠点を解消したほうがいいでしょう。実際にそういうタイプには何度も会ってます。